ホーム > 留学 > 韓国(大韓民国)について > 留学費用を抑えるコツ@韓国留学&A

留学費用節約のコツ@韓国留学

韓国留学費用をできるだけ抑えて留学するには…?

 円安の影響、現地の学費等の値上がりの影響を受けて
留学費用が年々上昇している昨今ですが、
どんな費用を抑えれば安く留学ができるのでしょうか。
こちらでは留学費用節約のコツをお教えいたします!

①エージェントに支払う費用を抑える

 JACCにも「自分で留学の手続きをしたいけど、不安です…」と言ったお問い合わせを頂く事が度々ございます。
語学力にそこそこ自信があっても手続きは全くの別。学校とのやり取りや宿泊先の手配など、現地に連絡をしなくては
ならないことが多く、手続きがしっかりできているのかどうかの不安は払拭できません。
しかしながら、当社のような留学エージェントを使うと、どうしても「手数料」が発生してしまいます。
JACCでは、お客様の負担になる「手数料」を減らすために、フルサポート以外に下記のサービスを実施しています。

①学校のみの手続きサポート:現地に友人やご家族がいる場合、学校のみの手配が可能です。
②滞在先のみの手配サポート:語学力に自信がある方におススメ。滞在先のみを弊社がご紹介いたします。


 エージェントの利用はある種「保険」と同じような物です。
安心して快適な勉強に集中ができる留学生活をスタートするために、
ポイントを押さえてのサポートは、留学費用を抑えるのに効果的です。

②学費の安い学校を選ぶ

 エージェント手数料の次に皆様が思いつくのはこの部分ではないでしょうか。
ソウルの学校(特に知名度の高い学校)の学費は比較的高く、一方地方都市の学校は比較的安くなっております。
このため、地方都市の学校を第一候補に考えるお客様も少なくございません。
しかしながら、「安かれ悪かれ」という言葉がある様に、学校にも安いには安いなりの理由がございます。
もちろん、どの学校を選んでも決して悪いという事はございません。
ですが、1年間(4学期)通ったとしてもソウルの名門校と地方都市の一般校の学費の差は約5万円程度(日本円)です。
ちょっと学費が高くても好きな都市で行きたい学校を選ぶのが、留学を成功させるためのベストな選択肢だと思います。

③生活費を抑える

 韓国留学で一般的に必要な生活費は月5万円(日本円)と言われています。
毎日、美味しい韓国料理を食べたり、ショッピングを楽しんだり、友達と遊びに出かけたりすると、
月々のある程度の出費は仕方がないのかもしれません。
しかしながら、この費用を抑える事も当然可能です。
例えば、韓国留学の代表的な滞在先とされるほとんどの「コシウォン」(コシテル)では、
共同のキッチンが完備されているので、自炊が可能です。さらにインスタントラーメン・キムチ・白ご飯が常に無料提供されています。
もちろん、これらばかりでは栄養が偏ってしまいますが、食費を浮かす意味では大いに活用できます。
また、下宿(ハスク)では、管理人のアジュマによる手料理が毎朝夜(場合によっては週末除く)無料で
提供されます。コシウォンと比較すると滞在費がやや高めですが、生活費・栄養面での心配を取り除く事ができます。

④その他…パッケージプラン、早割、渡航費用など 

 その他の節約術として、短期留学の方にはJACCのパッケージプランがございます。
学費・滞在費・サポート費・航空券(燃油サーチャージ含む)がセットになっており、
バラバラでフルサポートをつけるよりは料金が安くなります。
学校・滞在先などをそれぞれ別途で手配する手配留学プランには入学手続き代行手数料の「早割引き」がございます。
締切日の3ヶ月前・2ヶ月前とそれぞれ設定がございますので、早くにお申込みをすればするほど、
手数料が安くなります(その他、リピーター割引、2校割引、ご紹介割引もございます)
渡航費用として、航空券の費用が必要になりますが、こちらも時期によって料金の変動がございます。
年末年始、ゴールデンウィークはもちろん、日韓の祝日にあたる日は通常よりも料金が高くなりがちです。
学校の開講にあわせての渡航が最優先ですが、1日2日調整できるのであれば、そういった日を避けて渡航する事もコツですね。